2010年04月13日

<雑記帳>ガラスを隔てて猛獣と対面 広島の動物園に登場(毎日新聞)

 広島市安佐動物公園で10日、ガラス越しにライオンと対面できる「レオガラス」が初公開された。ガラス1枚を隔てて猛獣と対面できる施設は全国でも類を見ないといい、人気を呼びそうだ。

 完成前は、ライオンとの距離は柵や溝を挟んで最短約9メートルあった。ところが、レオガラスの場合は厚さ約20ミリの強化ガラス1枚が間にあるだけ。ライオンがガラスに寄ってくると、迫力満点だ。

 襲いかからんばかりのライオンに「近い」「牙がすごい」など、子どもだけでなく大人も大興奮。あまりの近さに「食べられるかと思った」と笑う来園者も。【寺岡俊】

【関連ニュース】
札幌市円山動物園:また性別判定ミス ライオンとエゾシカ
札幌・円山動物園:また性別判定ミス…平謝り
世界の雑記帳:母親亡くしたライオンの子、雑種の犬から乳もらう
日立・かみね動物園:13年ぶり入園35万人突破 施設建設、赤ちゃん誕生で /茨城
まちかど:静岡市の日本平動物園に新たな展示施設 /静岡

高級の逆襲 ブランド・百貨店、「良さ」PRで生き残り(産経新聞)
<ジャンプW杯>欧州遠征終え岡部帰国 現役続行に意欲
<富岡市長選>新人の岡野氏が初当選 群馬(毎日新聞)
子供が死亡した家に「子ども手当」の申請書を誤送 港区(産経新聞)
深夜の悲報、職員ら駆け付け=村本さん勤務のロイター通信−東京(時事通信)
posted by カワモト ナオト at 22:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。